fc2ブログ

記事一覧

「たかんな 2022年 10月号」を読む

だんだんと肌寒くなってきた。10月は少し遠方へ吟行にゆこうと計画中。俳句アトラスの林氏のようにあちこちに吟行して句を詠みたいものだ。  相談はいつも車座里まつり 吉田千嘉子  草といふ草なぎ倒す男梅雨 小野寺和子  鵙高音死は遠しとも近しとも 北村貞美...

続きを読む

「夏潮 2022年 10月号」を読む

 隔月の同人誌「晨」の校正期間に入る。  大皿にいくつ西瓜のピラミッド 本井英  こんもりと大木戸跡の大夏木 浅野幸枝  玉砂利に踝の沈み春深し 杉原祐之  魚簗番屋カップラーメン積み上げて 山内繭彦  お隣もそのお隣も薔薇咲いて 村田うさぎ    山雀や伊香保温泉飲泉所 前北かおる...

続きを読む

「香雨 令和4年 10月号」より

 グラジオラスとサフランの球根を植えた。来年の春の開花が待ち遠しい。  鳥雲にビルの建ちたる生家跡 馬場公江  啓蟄の掃除機かろやかに進み 永島直子  日盛やつぎつぎ揚がる中華菓子 岡根尚美  きのふからピアノ聞こえず避暑館 田村祐巳子  引退は草野球にも鳥渡る 宮﨑淳  上巻は貸出し中や梅雨長し 原田慶子...

続きを読む

「鳰の子 56号」を読む

さわやかな秋晴れが続いている。10月は近県から吟行を再開予定である。  涼み舟月を崩して進みけり 柴田多鶴子  万緑や巣箱のやうな駅を過ぎ 松本美佐子  日日草転校生に友できて 長谷川輝子  蟻の列ここから先は秘密基地 中井留美子  山蟻の戦士のごとき顎かな 政元京治  ...

続きを読む

河瀬俊彦句集『箱眼鏡』(ふらんす堂、2019年)より

 大雨の中、帰宅。また今週から諸々の締め切りに追われる。10月には「晨」の校正開始。  かなかなや主なき庭の給餌台  煤逃げの男ばかりの句会かな  分校の新人教師こぶし咲く  ラジオよりロシア民謡鳥渡る  せせらぎのやがて大河や揚雲雀  初めての記憶は戦火雲の峰     ...

続きを読む

プロフィール

涼野海音(すずのうみね)

Author:涼野海音(すずのうみね)
「晨」同人。俳人協会会員。超結社句会「木の芽句会」幹事。「灯台句会」代表。(全国から郵便出句のみ可。特定の俳誌(結社)・協会に所属の必要なし。句会の詳細はプロフィールに)。

noteは毎週、土曜日に定期更新しています!句作に役立つ記事もあり!

 詳しいプロフィール (←通信指導句会はじめました!句歴・結社・居住地問わず。無所属の方も可)
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

俳句・短歌ランキング

句会などの問い合わせ、俳誌「晨」見本誌請求(購読のみ可。年間6千円)

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
221位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
サブジャンルランキングを見る>>