fc2ブログ

記事一覧

西岡みきを句集『秋高し』(俳句アトラス、令和3年)を読む

 私が幹事をしている超結社句会から「角川俳句賞」の候補者が4名も出た。我ながらスゴイことだなと思った。
(今日は休みの土曜日だったため、noteの記事も更新)

  諸鳥を容れて静けき新樹かな
  口ずさむアリランの歌カンナ咲く
  春めくや青を違へて松と竹
  木犀や坂を登れば異人館
  三叉路にパトカーのゐる炎暑かな
  
  ドイツ語の飛び交ふけふの遍路道
  山頂の札所に太き青蜥蜴
  冬銀河いつしか父の年を超ゆ
  立春の日の斑のゆるる札所道
  無精髭撫でて眺むる名草の芽
  
  
  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

涼野海音(すずのうみね)

Author:涼野海音(すずのうみね)
「晨」同人。俳人協会会員。超結社句会「木の芽句会」幹事。「灯台句会」代表。(全国から郵便出句のみ可。特定の俳誌(結社)・協会に所属の必要なし。句会の詳細はプロフィールに)。

『俳句界1月号』(12月25日)、エッセーと句を寄稿

noteは毎週、土曜日に定期更新しています!句作に役立つ記事もあり!

 詳しいプロフィール (←通信指導句会はじめました!句歴・結社・居住地問わず。無所属の方も可)
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

俳句・短歌ランキング

句会などの問い合わせ、俳誌「晨」見本誌請求(購読のみ可。年間6千円)

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
254位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
サブジャンルランキングを見る>>