FC2ブログ

記事一覧

『高田正子集』(俳人協会、平成30年)を読む

 ときどきアマゾンで私の第一句集『一番線』の値段をみるのだが、正規の価格(すでに出版社には在庫はない)より、かなり高値がついていて驚いている。(ほとんど知人にしか謹呈していないマイナーな本ゆえ、高くなっているのだろうか)。第二句集を出す時もマイナー作戦で流通量を制限すれば、値が上がる(というわけはないだろうが・・・)

 今日は『高田正子集』より引きました。

  日だまりに鴨のあふれてたちにけり
  朝焼や窓拭いて出る退職日
  月光の扉は内へ開かれし
  くみおきて水に木の香や心太
  囀りの木にとびこんでゆく一羽


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

涼野海音

Author:涼野海音
香川で10年ほど俳句を詠んでいる30代男。日々、悪戦苦闘しながら句作しています。

「晨」同人。俳人協会会員。句集『一番線』。第四回星野立子新人賞・第五回俳句四季新人賞・第31回村上鬼城賞正賞、受賞。

「高松・木の芽句会」幹事。
「香川・灯台句会」(平成31年に立ち上げ予定。「全員が事前出句方式」のため、全国から不在出句のみ可能。超結社。会員、募集中)

最新コメント

月別アーカイブ